灼熱の木曜日/日々、徒然。

日々、思うことを書き綴っています。

最近口を開くことのハードルが高い気がする。

足りないものは、自ら抑え込んでいることの中にあることが多い。

ーーー

少し前まで、私は出産して子供を0歳で預け時短勤務で働くママでした。

メディアにいたので、社内の女性はセンスがよく、いつも洒落た服を着ていたりして、人間関係もなかなか良く、今流行りのSDGsを意識した、男女、年齢、国籍での差別があまりなかったいい会社だったように思う。

けれど中にはやはり、傲慢な人や、そんな華やかな社風が息苦しく感じる人もいたりした、んだなーと思ったりしたのは随分後になってから。

結婚した時は36歳で、割といい年齢いってるな、と自分では思っていたものの、メディア業界の特性なのか?と思いたくなるほど、前職のメディアでの同僚も、その会社の同僚も、30代女性で未婚の人が、多い。かなり、多い。

その大半はお洒落でそこそこ以上に美人だったりして、どちらかというとなんで恋人がいないか謎なんだけど・・・と思う人ばかり。

別に全然、結婚至上主義ではないので、好きで独身を決めている人も、将来まで楽しければその選択で全然いいとは思っているけれど、少なくとも私に対しては「結婚したいんだよね」「彼氏欲しいけど出来ない」って言ってる人の割合の方が多かった。

なんだろ。

 

東京で働いていると、大抵一人暮らし。

一人暮らしで、メディア勤務すると、いろんな物事に触れるし、経験も積めるし、オシャレのセンスも磨かれていく。そこそこ稼いでたりすると、どんどん自分の時間を上手く使えるようになってきて、「今の生活にそこそこ満足」みたいな状況になったりして。

恋人、結婚、となれば生活は激変するから、そこに踏み出すにはどんどん理想が高くなってしまうのかもな、と。

別に理想が高い=年収がいい、顔がいい、みたいな条件ではなくって。

今の自分のそこそこ楽しんでいる時間を割いてまで一緒にいて苦痛じゃない相手か、みたいなところをそれこそ数回会ったくらいで見定めないといけないことのハードルの高さ。

 

若い頃って、それこそ同じクラスメイトだったら恋愛対象内、に(人それぞれだけど)入ってておかしくなくて、それを、働いて数年、ではなく10年とか経過してしまうと、現実的なことを考えた上で恋愛ができるかどうか、を考えないといけなくなる。

最低限、仕事を普通にしているかどうか、とか。

三者に偉そうな態度を取らない人かどうか、とか。

 

恋に堕ちるハードルは、年々高くなる。…気がする。

私もかつてはそうだった。だから、右にも左にもいけない状況に陥りたくなくて、もう恋愛はしたくないと思っていた。自分が壊れるのを避け、親からの圧力に屈しないように、結果的に上京したりしたのだった。

人間関係・住むところ・仕事。この3大要素?の1つでも変えれば自分が変わる、みたいな言葉を信じてそのうち二つを変えてみた。二つ変えたら結果的には三つとも、変わった。

 

けれど出産し、時短で働いている時。その時はその時で、同年代のいろんな状況の同性がいて。誰がどう何を思っているかなんて、勿論わかりようがないので、余計なことは話さない、同じママの中でも、本当に価値観が近い人にしか話せないこと、なんていうのは山ほどあって。

妊娠しても、実は不妊治療の人が近くで泣いてたみたいな話を聞いてしまったり。

出産しても、男の子ママと女の子ママではもう、びっくりするくらい感覚が違ったり。「男の子のママって大変そうだよね、私絶対無理だわ、、、うちは女の子でよかった」と男の子ママの私に言ったり。(きっと、悪気は微塵もない、し、私自身男の子希望だったから問題はないけれど、隣で聞いてた男の子ママが激昂していたり・・・)

 

独身だった女上司、パワハラとマタハラの嵐だったけれど(私はマタハラはされていない)、時短で復帰してからは、もっともっとと求められ、他の時短のママたちにも嫌味連発。

余程「ワーママ」が嫌いなんだろうな、と認識して諦めるしかなかった。

 

とはいえ、結婚して、出産して、時短で、となると、全く同じ状況ではない同性に「グチ」とか全く言えなくなる。朝起きてから夜寝るまでのスケジュールに5分の余裕もないという過密な状態で、苦しかったなぁ・・・というのをたまに、思い出す。

 

とりとめなく書きすぎて、書きたかったテーマからどんどんズレこんできた気がするのでそろそろこの辺で。

要は、どの段階にあっても、完全一致の悩み方している人なんてほぼおらず、いたら奇跡的なので重宝しつつ、想像力を全方向に発揮して人をむやみに傷つけないように言葉を選びつつ、自分で乗り切るしか、多分道はない。多分精一杯考えて発した言葉でも、もはや私が存在しているだけで傷つく人間というのは、いる。絶対いる。そこまで気にしてたら自分が回らない。

 

ということで、だからせめて、ここでは言わせて。

 

どの立場になってみても、結局は人間関係の微妙な匙加減が常に悩みの種だ。というお話でした。うーん、悩むだけ無駄なのかしら。

f:id:Catherine_2:20210224165935j:plain