灼熱の木曜日/日々、徒然。

日々、思うことを書き綴っています。

atonement

f:id:Catherine_2:20210414105036j:plainf:id:Catherine_2:20210414105041j:plain

ーーー

今週のお題「下書き供養」

2010/4/22

孤独というものは、自分の意志によって自ら全てを拒否したときに、起こり得る。
全てを受け入れ、ただ周りと一体化しようと試みると、そこには自我というものがなくなり、そもそも孤独感なんていうものが存在しなくなる。

周りに身を委ねればいい。拒絶しなければいい。
疑心暗鬼になんて、ならなければ、いい。

自己を主張するように教育しがちな今の時代だけれど、主張しない、という選択による自己主張、もあるのだ。

ーatonementー『贖罪』

身を委ねていることに似ている。
自分の意志より相手の意志に身を寄せようと試みるのだ。相手の意識にシンクロするように。
相手の判断に任せて、それで自分を結論づける。
決して、周りに流されているわけではない。

そうしたら次第に相手の一部となって、言いたいこと、したいことが手にとるようにわかるだろう。

ピアノの邪魔をされるのが何よりキライな、気ままな猫みたいな友達が、きっと弾いてる時に私を邪魔に思わないのはきっとそういうことだ。

私からすると、彼女の脳内は飛び出していて、同じ波長で飛び出している私の脳内と、上手く絡み合うのだ。
どのポイントで注意し、どのポイントで褒めて更に実力を引き出せるかが、空気でわかる。
あんまり言葉は必要ない。

だから、彼女はこういうのだ。
「私(彼女)の、モチベーションを上げる能力が、すごい」と。

…で、その能力は、それに応える能力がある相手がいないと、全くもって、役に立たない。

価値は0。(笑)
って、気づいてる?


最近もう一人、そういうことを囁いた人がいた。
私のあまのじゃくな思考回路に、ついてこれる人はそうそう居ないから、かなり、貴重だ。こーゆー人たち。

でも、痴話喧嘩じみたコトも最近よく私を支配する。

…で、思うコト。私って、実は本音で話してそうで、結構な八方美人?だから、争いゴト、好きじゃないのよね。
仲間を守る為なら、いくらでも戦闘モードに切り替わるけど。多分。

そんなだから、基本的に好意をもって接している相手とは喧嘩にならない。今まで付き合ってきた人とかも、喧嘩って、基本、しない。相手の言うことが飲み込めてしまうから、そんな些細なことは、許せるから。
それを最上級の好きだと思っていたけれど、最近その上があるのかもと思うことがある。

本音をぶつけれるということは、私にとってはかなり希少。

…ってことは痴話喧嘩ができる相手って、私からすごいモノを引き出しているかも。

ま、相手からしたら不快かもしれないけど(笑)
雨降って地面とけて崖崩れしたら、悲惨なことこの上ないけど、雨降って地、固まったらまたさらにその先には誰も見たことのない風景が広がっているかもしれない。

贖罪は、stoicになることだけではない。
北の大地のあの人みたいな、可愛らしい贖罪の方法もあるのだ。傍若無人に振る舞うっていう(笑)


元の意味は、at one ment。 一体化、ということらしい。

狂信者

過去への回帰

ーーー

 

今週のお題「下書き供養」

 

2010/4/26

とある人に、私が無意識にとある宗教に入信していることを指摘された。唐突に。

その宗教には、無意識に、そこのアナタも、横にいる恋人も、入信しているだろう。かなりの割合で。
世の中多くの人が、その教えを信じ込むように仕組まれている。

世界は大きな罠だ。

そのことを指摘されてから、頭では割とすぐに理解できたから、脱退を試みているのだが、きっと自然と培われたモノって、なかなかそう簡単には抜けないと思っている。
行動がついていくかは、努力次第。

麻薬中毒者さながら。
きっとそれをかいつまんで私の説明を聞いた親友が言ったように「吐きそう」になるのが正解なんだろうな。
そう言った彼女は、とても頭がいいと思う。
(私の説明がいいとも言うw)

そういうところは、ちょっとしたきっかけさえあれば割と客観視できるのだ、自分を。


でも、その日から世界の眺め方がだいぶ変わった。
全てがそこに結び付く。怖いなぁ、もう(笑)

その論理で、全て納得いってしまうんだから、恐ろしい話だ。


世界はそこに、囚われて身動きが取れない。


このこと、「blogに書くでしょw」って言われて数日。

書くでしょとか書いてとか言われると、あまのじゃくなので寝かせたくなる。。。w

で、その間に消化して、自分のものにしてしまうのだ。
ハイスピードで。


できるだけ、1mmもズレることなく。

まだ完了はしていないけど。
そもそもそんな簡単じゃないし。

今までの思考を一旦無に帰して、真っ白な状態で取り入れなければならないのだから。


…どっちが宗教じみているんだか。。。


その角度から物事を眺めると、ものすごく楽になった。
まだ絶対全部は理解していないけど。

同じモノ、例えば円錐を、
真横から見てる人には単なる長方形で、
真上から見てる人には円のカタチに見える。

それは同じモノであるはずなのに、
両者には全く別物に見えるのだ。

私には長方形に見えていた世界が、
とある人には円に見えている。

ただ、希望を言うなら、私はそれが円錐であることまで、きっちり知りたい。

物事の裏もオモテも、横もナナメも。
脳が何かに囚われて自分の軸で実は考えられてなかった、なんて後から知るのは真っ平ごめんなので、アンチ宗教な私は(…というより根拠のない何かをひたすら信じるだけで物事が解決するかも、ていう甘えた考えが他力本願であまり好きではないのかも)必死で脱退する道を模索する。

それも、真似するのではなく、自分の独自の哲学を。


親友に。
「これだけイロイロ文章化できるっていうことは、自分のことをわかりすぎる程わかっていて、たまに蓋するくらいなんじゃない?きっと。」

って、言われた。けど、そうなの?(笑)
私の中では、自分で自分はこれくらいわかっていて、また、これくらいわかっていないということをわかっていることも、他の人もそんなモノだと思ってるんだけど。
  
各々がどのくらい自分のことを自分で理解しているかって、測れるモノサシがあったらいいのにね?


で、自分をわかっているハズなのに、一体何の宗教に入信していたの?って?
それは簡単には言葉にできないのです。
お恥ずかしい限りです。

だから、おいおい、そのうち、私から感じ取って?(笑)

 

ーーー

でもって、そののち11年を経た私には何教に入信していたのか、サッパリわからないのです。

…ていうオチ、要る?w

まぁでも多分おそらく絶対。「人の愛し方はこうだ」という常識を覆されたんだと思う。

こういう風に人を愛して、恋愛して、例えば陳腐なことで言うと、付き合ってと告白してから手を繋いだりキスをして、とか、結婚してから子供を産んで、とか、そういう順番なんていうものは、ホンの2、300年ほどの間に「日本人」の中で作られたモノが多いということで。多分それを常識的とかそういう感覚で取り扱っていることの愚かさを目の当たりした、という感じかと。

 

愛する人の魂が感じられているなら、それでいい。

その人と会ったり話したり、接したり。そういうことは本当に大事なことではないのだとそのくらいの時期から知ったから。究極の話をすれば、相手の魂を感じられてさえすれば、相手の生死はもはや必要な情報ではない、くらいの、究極の、愛。

そういうものが存在しても構わない。いろんな愛のカタチが、あっていいから。

 

f:id:Catherine_2:20210414102229j:plain

 

Q.E.D.

浦島太郎がおじいさんにされなければならなかった理由が、どうしても思い当たらない。

亀を助けただけなのに。望んで竜宮城にいったワケじゃないのに。なんでなんで。

誰か教えて。

f:id:Catherine_2:20210414104427j:plain

ーーー

今週のお題「下書き供養」

 

2010.4.25

難しい課題を与えられると、どうしても解きたくなるのは、解かずにいれなくなるのは、私のとてもいい、「悪いクセ」だ。

ホントに私ってば、めんどくさいヤツ(笑)
無理難題であればあるほど、解く価値がある、解いた時の達成感が高い。
難しい=楽しい

直結。たまに、×20個くらい交錯してるときは、たまに出てくる気ままな私によって、『や』になって投げ出されるw…ただ後で出てきてやっぱり解こうとする。

でも、それって常に問題を抱えていたいのか!?
困った人だ…困った、困った…(笑)
いや、違うと思いたい。。。

だから、「不快でない」課題を与え続けてくれるような人に、男女関係なく惹かれるんだろうねー…私は。

問題、課題、証明、研究対象、難しい程、楽しい。
夢中になる。

けれど、

一度解けた証明は、二度とおもしろくは、ならない。
一度クリアしたゲームが、二度目は鮮度がなくなるように。
ミステリーを、二度読もうと、思わないように。

私が惹きつけられる人というのは、次から次へと私を新しい世界にイザナって、留まるところを知らない。
課題を、与え続けてくれるのだ。


今は一つ。
ある難題をふっかけられている。
その証明には、あと軽く50年ほど、かかりそうだ。

その時答えが出るだろう。


解けなくて、解く価値があると思いながら放り出した問題なんて、多分一つもない。
以前に10年後の証明、を自分から友人に持ち掛けて、きちんと証明したことがあった。

その証明は今でも有効だ。


昨夜は友人を、幸せな恋の行方を追いかけるように、自分のとこから追い出した。
難しい課題を与えられて、でも解こうと立ち向かった瞬間に彼女の道は開けたんだと思う。
これからもその相手は無理難題ばっか、ふっかけてくるだろうけど、立ち向かえばいい。

とことん、最後まで。

最後まで立ち向かって、自分の彼に対する気持ちを、押し付けるわけではなく、ちゃんと知ってもらえばいい。
どれほど理解したいと願っているか、どれほど愛したいと思っているかを、証明してくればいい。

世の中、男と女しかいないんだから、お互い理解したいと思ってるのに、理解しきれない、なんてことはない。
理解しきれなければきっととっくに人類なんて滅亡してるだろう。
それが、それぞれの角度から理解して、ちょっとずつ真実相手の気持ちとはズレが生じていたとしても。

そんなことは、些細なモンダイで、
後は愛で埋められる程度だ。

そんなことを確認する前に、合鍵を返すような馬鹿げたマネは、やめた方がいい。

友達が幸せになるのは、とてもシアワセな気分だ。
泣き腫らした顔の翌日、彼女はどんな顔して来るのかな。

人の恋路は、とてもよく分析・理解できるのに、
自分のはどうしてこんなに一筋縄じゃいかないかな…w

難しい=楽しい、精神だからかw

ま、おもいっきりシアワセ満面の笑顔でこられたら、それはそれでちょっとはその顔遠慮しろよ、と、イジメたくなるんだろうけど(笑)

ちょっとは証明、できたかなー。

優しい人は頭がいい。

優しい人は頭がいい。

頭がいい人は優しい。

ーーー

このセリフ、新ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」で松たか子が言っていたんですけどね。

妙にすとんと腑に落ちて自分の中に入ってきたというか。なんというか。

 

松たか子松田龍平っていう組み合わせ、カルテット思い出すわぁ〜懐かしい。アンニュイで、シニカルで。この空気感、大好き。

実は何を隠そう、私松田龍平さんとは血の繋がらない親戚なんですよね。フフ。

彼のひいおじいさんに、私が30過ぎて結婚まだしてないんですよーへへっ、て笑ったら「笑い事じゃないだろう」とお説教くらったのも今はよき思い出。

松田龍平さんは、私の従姉妹の従姉妹の息子さんです)

 

まさかこんな、私のドツボにハマる雰囲気の役柄が似合う役者さんになるとは…

 

それはさておき。

私の知人、友人たちで、「ずば抜けてとても頭のいい人」たちを思い浮かべてみると、全員、紛れもなくトップクラスに優しい人、というのも確かについてくる。

賢いから優しくなれるのか、優しいから、賢くなれるのか。どちらが鶏たまごかはわかりませぬ。

でも優しい人が皆賢いかというとそうとは言えない気はする。

 

ちなみに。

あくまで私の知ってる範囲内にはなるけれど。

頭のよさを自慢したり流行りのマウント取ったりしてくる人は、「単なる」頭のいい人です。そこは優しいとイコールにはなりません。

あくまで、「ずば抜けて」頭がいい、に限定される。

頭がいい人は時間の使い方が上手い。

そして「無駄な」「怠惰な」時間もきちんと分けて持っている。

人間、遊びとか、余白というのは必要なのだな、と彼等をみていると思うのです。

 

ま、そうは言ってもそうそうずば抜けて頭がいい人なんて、周りには10人も居ないんだけど。

 

ずば抜けて頭がいい人に出会う前と出会った後だと、こっちの世界観が変わる。

こんな世界、存在するのか、と思って、自分の拙さに自己嫌悪し、知性に憧れ、何かを頑張ってみて、結果…己を知る事になったり。

自分のキャパを知るのは悪くないけれど。

 

自分の中での自己マウンティング。

一度引っ掛かると自分自身でそれを解き放つのは難しくなる。

 

そういうもがいている姿すら、優しく見守ってくれるのです。ずば抜けて頭がいい人は。

 

私も真似をしよう、せめて、優しい人は頭がいい、となるくらい。

優しいの方をがんばってみる。

 

できることから、ちょっとずつ。

 

 

 

透き通った林檎

過去の連続で今がある、それって、ホント?

ホントに、ホントだろうか。

ーーー

 

今週のお題「下書き供養」

過去のblog(笑)画像も昔のまま。画質悪いなぁ…

 

2010/4/28

言いにくいから、話さない。
聞きたくないから、聞かない。
言いたいけど、言えない。
聞きたいのに、聞けない。


そんな話、ばっか。
その躊躇いで、永遠にすれ違うことだってあるのに。

大人だから?男と女だから?変わってるから?
言わないと、いけない。
逃げるのは性に合わない。
言った後にどうなるかは、今はまだ誰も知らない。


あー。
本音だけシンプルに、ダイレクトに、例えばテレパシーで読みとってくれればいいのに。サトラレみたいに。

相手の小さな嘘には気づいてしまうから、こちらからの感情垂れ流しでOK。気づいてしまっても、何も問いただすことなく、黙ってることだって、たまにはある。
私にだって。

でも、サトラレなら、自然と取捨選択されていって、キレイなモノだけ残るのに。


りんごジュース。
透明のモノと白濁したモノ。

どちらが好きかという質問で、意見が分かれた。

些細なコト。
でも、以前の私なら、
「濁ってる方が自然なままな気がしていいよねー

って、裏返しの嘘未満をついて、合わせていたかもしれない。

透き通った林檎ジュースの方が、はるかに好きだ。

嘘でも透明でいたいという志を表しているようで。
透き通った林檎なんて、売ってやしないのに。

自分が好きなものを、『それは好きになる価値があるよね』って言ってくれる人、って、好き。

その人が一緒に好きにならなくっても、だ。

そう言ってくれたカノジョは、さもあたりまえのように
「だって奇跡は起こるんだから」

って、言ってくれた。そーゆーとこ、ホントに好き。
そして、私と一緒。そーゆーとこ。

ものすごい無謀とも言える夢を、一緒に
『それは夢見て目指す価値があるよね』って言ってくれる人、って、好き。


きっと大望を叶えたその時に、横にいるのは、その昔そういってくれた人たちだけだろうから。


透き通った林檎は売ってなくても、
透き通った林檎ジュースの方が好きなのだ。

多分、それでいいのだ。

 

多分、きっと。

f:id:Catherine_2:20210414100651j:plain

 

自分を形作っているモノ

今週のお題「下書き供養」

 

・・・なんだけど、下書きにある記事を読んでみたら恥ずかしくなってそっと閉じた。

過去の恋愛を思い出すようなことが書いてあった(照

 

過去のblog、全然違うサイトのをそのままUPしてもいいかと思うようなものもあるけれど、なんというか、文体が、若い。情熱を帯びていて、何かに対する期待、と不安。そういうものに溢れている。それを経ての私、なのだけれど、今はとても恥ずかしい。

文章を書くことが好きだった。

一時期、私は本名で、文章で、それまでは距離を感じていた友達たちに自分を曝け出すことをし、その結果、周りが沸き立つ、結束する、新たな「何か」を生み出す、そういうことを経験したことがある。

それってすごいことで、自分の選んだ言葉たちで人生を変えてしまった人もいる。

そういう経験って自分を有頂天にし、なんなら文章で生きていけるんじゃないかなんて錯覚し、けれど恋に堕ちて、一回自分が壊れ、いや、壊れきれず、文章を書く力だけが失われた。

他にも失ったものはあるかもしれないけれど、得たものも大きく、その結果、普通の恋愛と、普通の結婚生活と、普通にママになれた。

 

…というと、なんだか夫に失礼な気もするけど、夫と私は自分たちの中ではそこそこ大恋愛、共通の知人たちからも大恋愛、だと思われているので、そこには満足しているのだけど、私は今でこそ、此処にいるのが当たり前なのだけど、「此処に辿り着くために必要不可欠」だったのがその前の恋愛だ。

 

多分そのことを文字化しようとしたら、1冊の本くらいにはまとめられる。けれど、当時のリアルな感覚は日に日に失われているので、あの生々しい感じではきっと書けないから、それを文字化するのはとても難しい。

当時のリアルな感性で言葉にしたいけれど、あそこに引きずり戻されるのは、一回人間から動物になって、もう一回人間になるくらいのエネルギーが必要。

 

って、何言ってるんだ、ワタシ。

 

過去にいくつか恋愛をしてきて、大人になっている皆さん。(と、突然語りかける)

そんな人だらけのはずなのに、しれっとクールに日常を過ごしてるんですよね。

それがなんだか、可笑しくって。

 

恋愛って、してる最中はホント、激情ですよね。

落ち着いた結婚生活wを送ってるつもりの身としては、あの激情に翻弄される感覚が懐かしくなったりもしたりして。

…って、こういう感覚が人を浮気に走らせたり、するのかな…(それはマズイw)

 

でも、恋愛してきたことも今の自分にとってとても大切な通過点で、今の自分の一部でもあったりするから、そこを否定は全くする気にならないし、割と、過去の恋人たちも、それぞれにとても愛おしい存在であったりする。そういう感情は、持っていてもいいもの、ですよね?

いや、どうだろ。それすら裏切りだと言われたら。

過去の自分を否定することが必要だと言われたら。それって自分を裏切るか相手を裏切るかみたいな究極の二者択一になったりするの、、、だろうか。

これも私を形作っているモノなんだけど。

 

ま、そんな話は夫にはもちろん、しないんだけどね。

多分しても怒ったりしないけれど。過去は過去でしょとバッサリ切られそう?

元々、レンアイについて話したり語ったりするのが、とても好きなので。今はそういう話から遠ざかっているから(最近、年齢や環境のせいか、恋愛相談すら、されなくなってきてる)とても私、端から見ると、自主性とか話題の少ない人に見えてるかもしれないなぁ、なんて妙なことを気にしつつ。

 

語り出したら止まらない人なんだよーって周りにアピールしたい。

何故かは知らないw

人との会話、足りてないのかな???

f:id:Catherine_2:20210413182015j:plain

 

ひと休み、ひと休み。

面倒くさがりの人は、面倒くさがりが故に自分で手間をかけないように動こうとし、結果としてとても合理的に効率化されていたりするからなかなか重宝すべし、と思っている。

 

ーーー

上の文とは関係ないのだけど。

またいつもの「何もかも面倒くさい、投げ出したい気持ちになる」クール、が巡ってきた。

だって春だし。

割と私は自称マメじゃない、周りから見るとマメ人間、のようだ。

そういえば関係ないけど、大昔に流行った「動物占い」でゾウだった私は、「努力家と言われたくない努力家」と書いてあった。

そのとーーーりっ!!てタケモトピアノ化しそうだけど、そうでもない。努力家と思われたくなさ過ぎてほんとに努力しない。何かを頑張ったとしても多分6割くらいの力しか出してない。余力はまだある。

人生で一度くらい「本気で何かを努力する」て事をもしやったとしたら、なんだろ。司法試験受かったらオリンピック選考に引っかかるレベルになるんじゃないかなんてくだらない妄想しながら、努力はしてない。

「私やればできるもん!」は、文字通り、「やらないから、できない」以上。ー完ー

 

じゃなくって。

そう、マメじゃない。マメじゃないからこうやってblogも飛ぶ。

マメじゃないから、子どもにキャラ弁なんて今のところ作らない。でも子ども可愛さに頑張ることはもしかしたらあり得るのかもしれない。

 

普段からマメじゃないつもりだけど、他の人に言わせると料理フツーに作るのも、マメに入ると言ってくれる人もいて。

でも、自分の1000倍はマメマメしい人も知っているから、自分なんて足元にも及ばない。というか、マメで競う気はハナから、ない。

 

で、その私が、たまに何もかもやる気がなくなる周期がくる。多分あんまり興味のない仕事を大量にこなした後とか、一回やる気スイッチをオフモードにしないと疲れるんだと思う。

 

と、いうことで、たまには休もう。

いつもダラダラしてるけど(笑)

 

f:id:Catherine_2:20210408190720j:image